士道-日本拳法協会 士道-日本拳法協会
お問合せホーム | 
新着情報
年間行事予定
日本拳法について
日本拳法の紹介
形の紹介【地撃之形】
道場のご案内
お問合せ
 
ホーム


日本拳法の紹介
  ホーム > 日本拳法の紹介


 日本拳法の形について


 古流の柔術は主として、形中心に練習を行った。防具を着装して当身技の練習を始めた"日本拳法"以前は、当身技は非常に危険な技であった。従って、技術を錬磨するためには、真剣勝負のあらゆる場合を考え、それに適応するために、独特の形が案出された。

この形によって流派ができ、一門が別れたといってもよい。だから防具着装による競技化は、各流派の持つ技術の壁を取り払うことになったともいうる。形は約束動作からできているために弊害も生まれがちである。

しかしこの反面、逆に防具に頼る安易さから、精神、技術面において、粗雑になったことは否定することができない。また、競技大会は、ともすれば、試合に勝つことを目的とする傾向にもなる。この反省に立って、練習形の中にある

(1) 作法、精神鍛錬性

(2) 正確な当身技の間合と、体さばきの運用

(3) 組打技への変化、技の理合と研究を行う


ことで形、防具いすれにも偏しない拳法の確立をめざして形を創った。




 形の名称は大地の地。湧水や雨、雪などの水。太陽熱の火。そして空気の風。つまりこの”地・水・火・風”の4つの元素と、そのかたまりの”空”によって、宇宙大自然の運行がなされ、人間の身体・精神が育成され、人生が形どられているという、仏教の陰陽五行説から命名したものである。形の名称の持つ精神が、わが拳法に活かされることを願っている。

地=基本、原則。
水=応用、活機。
火=演習、訓練。
風=試合、実践。
空=超越、自在。

 


■ 形と創造
 形と創造とは、それだけを対比すると、相容れないもののように思われる。しかし、一見対極と思われる両者の調和の上に発展が存在することは、自然の大法則である。わが拳法の発生と技法の展開もこの中のみにある。
 形を完全に自分のものとし、それを突きぬけた境地に達したとき、はじめて名人芸になるということは、むかしからわが国の武術、伝統芸術の名人によって知らされている。
 ”形に入り、形を抜ける”ということは、否定もしくは無から出発する仏教思想、自己否定を通しての自己主張の精神を享けるもので、東洋の持つ心である。
 当身技においての「不安定の安定」理論もこの二律背反の思想の中から得たものである。

■ 形の構成
 形は攻撃と防御の技形についての基準を示すものであるから、相対した2人で行う。この場合、最初攻撃する者を”掛り”といい、これに対する者を”応え”呼称する。
 2人による形は、剣道の形式に準じて構成されている。また、基本技の練習と、技法の合理を習得するために、独り形がある。これに対して四人形は、スピードとタイミングの練習と、”静→動”に対して、”動→静”という変化を持たす新しい形式を採用した。

■ 形の名称

五陰破之形
(ごおんぱのかた)
四方励之形(しほうれいのかた)
三矢撃之形(さんしげきのかた)
拠実之形(きょじつのかた)
木母之形(もくものかた)
地撃之形(ちげきのかた)
地勢之形(ちせいのかた)
水撃之形(すいげきのかた)
水勢之形(すいせいのかた)
火撃之形(かげきのかた)
火勢之形(かせいのかた)
火神之形(かしんのかた)
風勢之形(ふうせいのかた)
風神之形(ふうしんのかた)
空理之形(くうりのかた)
己識之形(こしきのかた)






■ 形練習にあたって
 

古くから「先んずれば人を制す」といわれ戦いにおいて先を取ることが、有利であるにもかかわらず、武術の形は、すべて防禦技である後手の技からできている。それは、先手の有利はもちろんであるが、後手になっても、なおこの通り勝つことができるという技法を示すためである。
 防禦は相手の攻撃を、完全に阻止するものでなければならないが、防禦できてもそれが精一杯というのでは、勝つことはできない。
 攻撃に対して防禦が完璧であれば、反撃する余裕がでてくる。
 先に攻撃せよといわれても、強い相手に対したときは、攻撃することができない。それは相手からの攻撃を意識するからである。相手攻撃を恐れなくなると、先制攻撃は行いやすくなる。この意味からも防禦技術は、形練習によって十分会得せねばならない。

 

 防具について


防具を装着して自由に撃ち合う。この中に技術の変化を学び、体力を練り気力を養う。そして個性に合った技法を体得する。ここに拳法の武道・格技スポーツとしての行き方がある。

防具は、人体のうち最も大切な箇所(急所)を加撃から守るために着用する面、胴、股当と攻撃手拳ならびに足を保護するグローブ、シューズから成り立っている。

防具を装着したとき、よく合っているかどうかは戦力に大きく影響する。面はよく顔に合い、グローブは握りやすく、突き指などすることのないように調節することが大切である。




 

 防具について

防具はわれわれを鍛えてくれ、これによって競技ができる。考え方によれば生命の恩人である。大切に扱わなければ上達は望めない。

  ●各防具の説明

 1、面
 あごから入れ、紐は下段の面金具に通し、引っかけて強く締める。次に後頭部で交叉させ、上段の面金(または乳革)に引っかけて、ゆるまないよう締める。下から上へと紐を十字にするとき、耳あてに紐がかからないよう注意が必要(撃たれたとき、組みついたとき外れて緩むもとになる)。最後に面金中段にかけ、背後に回して強く結ぶ。なお「あご当」は普通のタオルを使用しているが、衝撃を柔らげるため、薄い布に上質の綿を接着させることも一つの方法である。視野を大きくすることも肝要。 股当

 2、胴
 胴紐の交叉点を正しく背中の中央に位置するよう、左右乳紐を引き合わすときに注意し、後ろで交叉した紐は、両側垂れの下を通し、前垂れの上部、胴との間にあるみぞの上にて交叉させ、再び両側垂れ下を通して背後中央にて堅く結ぶ。結んだ後の紐を余らせないようにするとは、股当の場合と同じである。 股当


 3、グローブ
 手首を生かせるよう紐を巻くことが大切である。紐の結びは外側ですること。内側で結ぶと解けやすい。練習前に紐に水を含ませると結びが堅くなる。また強打者はバンテージを巻くようにして手の甲の部分と、第三間接部、手首を保護しなければならない。当て箇所は面金、胴(ファイバーに皮張り)であることを銘記すべきである。なお、グローブは左手から着用すること。 股当

 4、股当
 左右の紐を均等に後ろ縦帯に通し、交叉点を左手で持ち、左、右と両脚を両側に入れ、股間まで引き上げて締める。紐が下腹部を交叉するときは、できるだけ下から引き上げるように締め、紐の最後は背後で余りをなくし、しっかりと結こと。股当は練習時は下衣の上から着けるが、競技大会には下衣の下に着けるものとする。

 5、シューズ
 道場や競技場の床面に合わせて、スベリ止めの適正をはかることが大切である。

 

●防具の着脱

股当以外は坐るか、腰を掛けて行う。

●防具の置き方

胴を立て、その内側に股当、面、グローブの順に置く。

 

 防具の手入法


防具は風通しの良い日陰でよく乾かすこと。特に面は汗を吸うと暖衝力がなくなるから危険である。グローブは詰め物の多少や片寄りが拳を痛める原因になるので、保革油を塗布し、型崩れがないようよく注意する。

 

 階級章


 有段者は黒帯の着用と、上衣の両そでに付けた黒線で示す。黒線は初段、二段は1本、線幅1.5cm〜1.7cm。三段以上は2本、線幅1.0cm。ともに袖口より5cm離して縫い付ける。有段者は内規にて示す。

 

 むすび、むすぶ


 "結び"が身のまわりから急速に減ってきている。洋式生活になって和服もめったに着なくなった。荷物も紐て結ぶよりも、紙袋に入れて粘着テープでとめることで用が足りる。子供のズック靴も、ワンタッチではける面ファスナーが幅をきかせている。粘着技術の発達で、確かに生活は便利になったが一方で手先の器用さを奪ってしまう。拳法の防具は、紐で結ぶところが多い。子供のときから結ぶ機会が少なくなっているから、上手に着けられない。また、結び方が悪いから、すぐゆるんでくる。試合のときには、テープで留めているのを見かけるようになった。この点から、防具改良案も出るこの頃である。"むすぶ"の邦語は、群統である。相対したものを統一して、より一段高次な価値に進めることをいう。われわれが己を空して己を忘れ、己を擲って、偉大なる感激の対象に生きることが"むすび"である。手は脳の出張所という。子供たちが手先を使わなくなったこと。今から二、三代先はと心配する人もいる。

このページのトップへ





士道-日本拳法協会事務局 〒350-1332 埼玉県狭山市下奥富2498
Copyright (c) 2005 SHIDO-NIPPON KENPO KYOKAI All Rights Reserved.